NEW POST

疾走 ~重松清~

やってしまった・・・ずっしり重い小説でした。
どんどん引き込まれてしまった、そんなところでしょうか。
表装もなかなかインパクトがありすぎて、画像をアップするのやめました。
読んでよかったと思います。
でも気持ちを消化するのに時間がかかってしまった。

逃れる術を知らず、ひとりで全てを背負った少年。
「暗い穴ぼこ」に吸い込まれてしまった少年。
私は少年を目の前にした時、何を思い、何ができ、何をしないのか。
[PR]
Commented by 紫陽花 at 2009-10-27 20:24 x
多分、表紙のあれを見て読まなかった本だと思います。
あれ、ですよね・・・。

もう消化されましたか?いつまでも消化不良は辛いですね。
重松さんの小説、用心して読まなくちゃ、
とたまに思います。
Commented by gatutama55 at 2009-10-28 19:48
紫陽花さん、あれあれ(笑)。
ん~この作品は、気持ちに余力があって休みが充分ある時に読まれることをお勧め(笑)。
それでも「穴ぼこ」に吸い込まれそうになりました。
私は消化できずに、自分の中に何かしらの「種」が植え付けられたような気がしてます。
それが芽吹くことがあるのかどうかなんてわかりませんが・・・。
今の気持ちとしては、芽吹かないで欲しい(笑)。
内容は賛否両論ありますが、私は全てが必要だったような気がしてます。

by gatutama55 | 2009-10-26 20:29 | すきなもの | Comments(2)

ほっこりした毎日が過せますように・・・


by gatutama55
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31