萩の月

e0123322_2057104.jpg

幼馴染は言う。
「震災があって、明日何があっても後悔しない生き方をしたいと思った」と。

相方は言う。
「人の営みって、自然から宇宙から見るとちっぽけなものなんだなって思った」と。

私は思った。
「私は元気でできることをしよう。そしてそれが被災した人のためになってほしい」と。

色んな考え方があるもんだ。
私は友達に、胸を張って元気に生きててほしい。
それだけ。
[PR]
Commented by ama7869 at 2011-10-30 23:07
ほんと、色んな考え方があるもんだよね。
でもきっとどれも間違っていないし、
大切なのはそれについて考えることだよね。
何も考えないではいられないけどね(^^;)
私は、直接的には関係ないように聞こえるかもしれないけれど、
人の都合と地球、宇宙の都合は全く別物で、
恐竜だっていなくなったのだから、
人だっていつかいなくなるのかも、って思っているよ。

萩の月、懐かしいわ〜(^ー^)
Commented by meg at 2011-11-01 12:50 x
あの震災で私も価値観ががらりと変わってしまいました。
言葉やニュアンスが違っても、多くの人が自分を見つめ、何か気付きがあったはずです。そして、それは昔の日本人が当たり前に感じていたことではなかったか、と改めて考えます。
Commented by gatutama55 at 2011-11-01 20:23
amaさん、ホント色んな考え方がありますね。
ただ震災で価値観が変わったと言って、無責任なことを口走る人がいることに憤慨しました。
でもそれに気づかないんだろうな、その人は・・・。
そんなことを思う、今日この頃です。
Commented by gatutama55 at 2011-11-01 20:29
megさん、そうだねぇ~。
みんな色んなこと考えたよね。
それが時間がかかっても、未来につながる道に続くといいなと祈ってます。
by gatutama55 | 2011-10-30 10:40 | ひとり言 | Comments(4)